事前情報によると鯉師が竿10本出しているとのこと。

とりあえず出撃してみると、見事にポイント前面に竿が出ています。

これではキャストは不可能。

先行者も4名いる。

でもお気に入りのへら台のうち1台が空いてます。

際しか攻めることが出来ないので、
アングリースティックのネコリグに絞ってじっくり攻めることに決定。

ヘラ台とテトラの際を擦り付けるように引いていると違和感が。

聞いてみると、喰ってますよ~と返事が返ってきたのでフッキング。

30クラスのラージです。

潮が引いていてネットに入れるのを手こずっているとサヨウナラ~

人が見てると恥ずかしい。

気を取り直して同じように探っていると、なんかルアーの抵抗が無い感じ。

ちょっと引いてみるとなんか掛かってるみたい。

5170706588_faf3862376.jpg

あんまり引かなかったですが40ありました。

その後、別のヘラ台でハムスターゲット。

5170105761_c4bbff047b.jpg

バスの目ってかわいい。

 


コメント

2010年11月2日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です