3時33分起床。
釣れそうな気がします。

2月28日に小貝川で大会があるので、スキーでなまった感覚を取り戻したい。
ってたいした感覚は持ってないんですが・・・

来週は息子のお遊戯会で、大阪から親が来るので出撃できそうにない。

寒いけど行くしかない。
まあ、寒さはこの間のスキーでマイナス10度を体験してるので余裕です(笑)

4時過ぎに到着。

誰も居ません。

ちょっと優越感!!

潮は満潮の上げ7分ぐらいと私好み。
今から満潮を挟んで下げまでやれば1匹ぐらい釣れるでしょう。

まずはポッパーで。

ヘラ台の際のテトラに差し掛かった所で「ポシュッ!!」

と出ましたが、ルアーは何もなかったように浮いてます。

バスか?ギルか?フナかも?

ダウンショットでも探ってみるが無反応。

次に折れてた針を新調したパワーダンクでトロトロと探ってみる。

スレあたりはある。

おもいっきりあわせたくなる衝動を抑えトロトロやるも断念。

明るくなり、人も増えてきた。

とりあえずの1匹狙いでセコワームにチョーミニネイルシンカーを刺し、
かたっぱしから探りを入れるが無反応。

10人ぐらいはいましたが、みんな駄目みたい。

結論

ブラックバスは消滅しました。
ついでにギルも消滅しました。

おそらく巨大化したヘラにみんな食べられたのだと思います。

全月で釣るという密かな野望は早くも砕かれそうです。


コメント

2010年2月14日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です