最近、北浦が調子良さそうなので行って来ました。

すぐ近所の霞ヶ浦にはたまに行くのですが、北浦は2回目。とは言っても、前回は近くのバスの管理釣り場が開くまでの時間つぶしで、まだ北浦バスにはお目にかかっていない。

ポイントもあまり知らないので、とりあえず北浦大橋周辺へ。北浦は湖岸を車で走れるので走りながらポイント探索。

朝一はやはりトップという訳で、バズベイトを投げるが反応なし。

スピナーベイトに変えてところどころにある杭を探るが反応なし。

少し車で走ると、「流れ出し」「石を金網で固めた護岸」「沖の杭」という良さそうなポイント発見。

手前に流れ出しがあります。金網護岸は霞ヶ浦でもいいポイント。

まずは流れ出しを攻めるが反応なし。沖の杭も反応なし。

そこで必殺テクトロ。

ルアーを岸沿いに投げてそのままテクテク歩きながらトロトロと引く。

テクテクとスピナーベイトを引いていると、ガガンとあたりが!!すかさずあわせる。(テクトロでは体が横を向いているので腰の回転が重要)

けっこういい引き。デカいか?と思いましたが30cmちょっとでした。

 

北浦のバスは筋肉質でなかなかいい体格しています。

同じ方法で6匹ヒットして4匹ゲット。全部同じぐらいのサイズ。

一番デカいと思われる奴はバレました。それでも40cmないと思いますが。

2往復で反応がなくなったのでポイント移動。

別の流れ出し付近を今度はワームで攻めるがあたりだけ。

日が昇ってきて暑くなってきたので終了。


コメント

2007年8月12日 【釣行記:ブラックバス】 北浦 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です