パラオ(前編)

2011年6月9日

夏季休暇を利用して、パラオに行ってきました。
滞在期間は4日間。

事前の情報収集でなんとなく分かっていたのですが、宿泊先のホテルがある州はオカッパリ禁止。
でも、一縷の望みを胸に、日本から釣り道具を持参。

やっぱりダメでした。

なので、最終日に釣りのツアーに参加することに。

いろいろ悩んだ挙句、オカッパリツアーに決定!
奥様は同行しないので、サラ・ガイドサービスの久米さんと、二人きりの本島フィッシングツアーです。

いざ、バベルダオブ島へ!

途中、空港や国会議事堂など、ちょこっと案内してもらって、釣り開始。

持参した釣り道具は、タックルバランスが良くなかったので、レンタルすることに。
料金の中に、釣具のレンタル料も含まれてました。

7フィートのロッドに、3000番のスピニングリール。
ラインはPEに、30ポンドのリーダー。
ルアーは自前のミノー。

ボートドックみたいなとこから始めたのですが、無反応。
滞在中、毎日シュノーケリングをしていたので、魚の居場所は分かってました。
サンゴがらみです。

ちょこちょこ移動しながら、キャストしていたら、目の前でバラクーダが!
バレました。

パラオでは、1キャスト、1フィッシュを期待していたのですが、甘くないみたいです。
特にオカッパリは…。

気を取り直して、ボートドックの外側を狙うことに。
向かい風でキャストしづらいので、シンキングミノーにチェンジ。

キタッ!

20080908105426
メッキです。

25cmくらいです

なんと!この後、怒涛のメッキ4連発!!
ボクのテンションは上がりまくりです。
ガイドの久米さんはもっと上がってました。
後半へ続く