息子と姪っ子と嫁さんのおじさんと管理釣り場に行ってきました。

1人のときはルアーエリアでやっているのですが、
今日はファミリー釣り場でチビマス釣りです。

釣り方もちょっと変わっていて、金魚のエサみたいな撒き餌を撒いて、
よってきたところに小さな玉のついた針を入れて釣ります。

サビキ釣りの要領です。

餌を撒くと10cm足らずのニジマスの子供がうじゃうじゃ集まってきて、
餌をあっという間に食い尽くします。

その間に針を投入すると釣れます。

姪っ子はセンスがよく、絶妙なあわせでけっこう釣ってます。

息子は竿を池につっこんでかき回したり、池の周りを走り回ってます。
2、3歳のこと一回この池に落ちてるんですよね~
最後にちゃんと1匹釣ってましたけど。

おじさんもとりあえず1匹釣ってあとは息子と遊んでました。

私は生態を研究。

水面を速いスピードで波立てて引くと興味を示しますが、
なかなか食いきれない様子。

水の上で動かすとマスもその動きにあわせてついてきます。
水の上がよく見えているようです。

水面に近付けると飛びついてきます。

風で自然に舞うと反応がいいのですが、
人為的に動かすと反応がイマイチでした。

マスでもバスでもトップウォーターがすごく効果的なのがよくわかります。

でかいマスを空中で釣ってみたいな~


コメント

2008年4月6日 【釣行記:ブラックバス】 ドリームレイク — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です