2023年1月8日【釣行記:ブラックバス】カヤックフィッシング@荒川

前回の投稿で冬編はあるのかと書きましたが、初釣り行ってきました。
重い腰を上げて行った目的は「魚群探知機」を試したいから。
昨年購入したガーミンの「ストライカーキャスト」です。

キャストできる魚探には前々から興味があって、老舗のDeeperはクラウドファンディングを募っていた頃から知っているのですが、ずーーと買うのをためらっていました。
カヤックで釣りするようになってようやく購入を決意。Deeperの高いやつとガーミンで迷ったんですが、公開されている地図情報の多さでガーミンにしました。

よく行く荒川と三島湖の等深線はクイックドローコミュニティからダウンロードできます。
等深線を利用するだけなら魚探は不要でスマホのアプリだけでも使えます。
https://connect.garmin.com/start/quickdraw/

左が等深線非表示状態、右がコミュニティからダウンロードした等深線表示。
魚探があればクイックドロー機能で自分でも等深線が作成できます。
自分で作成したものだけを表示したり、ダウンロードしたものと重ねて表示することが可能です。

左が自分でクイックドローで取得した等深線、右がダウンロードした等深線。
一致しているようなしてないような・・・
湖岸線は認識されておらず、テトラが入っていて急深なため、等深線が陸まで続いてしまうみたい。

自分で取得したデータは共有することができます。
ただ、元からデータがある場合はマージされてしまうようなので自分のデータだけをダウンロードすることができません。
というわけで、データの移行ができません。
今回はスマホのアプリで取得したんですが、タブレットに移行できない。
個人データは個人単位でクラウド上で管理できれば言うことないんですが、今後の改善に期待します。
普通の魚探だとメモリカードで移行できるみたい。

ソナーの画像はこんな感じです。
お魚いっぱい。ほんまか??

ソナーと地図は画面を切り替えないといけないのですが、タブレットだと画面大きいので分割表示もできればいいのにな〜
これも普通の魚探なら分割可能みたいです。

けっこうまじめにジャークベイトやメタルも投げてたんですが、魚からはいっさい反応ありませんでした。
魚探には常にベイトがたくさん映ってましたが信じられないので、次回はGoProを沈めてみようかと思ってます。