そろそろフローターシーズンも終わりということで房総のリザーバーに浮かんできました。
今日の目的は2500cにAvailの軽量スプールを付けたので、2500c+スーパーストライクSC−2で釣ること。

湖の状況は超減水で濁りもかなり入ってて悪そう。
減水のためかへら氏は少ないが、おかっぱりの人がけっこう居ました。

なにでやろうか迷ったんですが、減水で濁っているのでバズベイトをチョイス。
最近よく使っているのはノリーズのボルケーノグリッパーです。

岸際をガンガン巻いていきます。
2500cも好調。
ガングリップのSC-2との組み合わせでワンハンドキャストがビシバシ決まります。

でも魚は出てきません。

少し岸から離れたところを引いてくると、「バシャ!!」っと出ました。

けっこうな引きですが、SC-2が魚の動きに追従します。
バレる気しません。

十分楽しませてもらってあがってきたのは40ぐらいの綺麗なバスでした。
IMG_3221

その後は全然反応無いまま時間だけ過ぎて行きます。

昼近くになったのでボチボチ帰ろうかとエントリーポイントに向かいながら投げていると、目前でバズベイトが引ったくられました。
びっくりしたけどフッキングはバッチリ決まってます。
これまた40ぐらいの綺麗なバスでした。

2本トップで釣れたので満足して昼に退散。
フローターは来年春までお休みです。


コメント

2014年9月28日【釣行記:ブラックバス】房総リザーバー — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です