千葉県のリザーバーまでフローターしに行ってきました。

夏至も近く、4時には明るくなるので前日から出発し、車で2時間ほど仮眠。
目覚めると曇っているが雨は大丈夫そうな感じ。

準備をして5時過ぎにスタート。

まずはバズベイト。
ノリーズのボルケーノグリッパーです。

沖に出ながら引いてると「ボシュッ!!」って出たけど、乗らなかったみたい。
活性高いかも?

対岸の岸際を引いてると「ボシュッ!!」って出たけど、乗らなかったみたい。
活性高いかも??

ビッグバドにチェンジして引いてると「ボシュッ!!」って出たけど、乗らなかったみたい。
活性高いかも???

駄目じゃん。
魚ちっさい?
食いが浅い?

フローターでの定番4インチグラブのライトテキサスも投入しますが、ギルっぽい微妙なバイトばかり。

厳しいな~

お気に入りの岬はヘラ師が陣取っていたので奥のワンドへ。

増水のせいで水の中に沈んだ草の中を打っていく。

岸際の杭でバイト。

ガッチリフッキングも決まり、なかなかの引き。
十分弱らせてキャッチ。

40位。
筋肉質なイイバスです。

とりあえず1本釣ったので、上陸して本日のメインイベントを始めます。

ロボフィッシュ ルアーの水中映像撮影。

岸際にはギルがいっぱい居て、まずまずサイズのバスもたまに現れるなかなかのシチュエーションです。
水中にカメラを設置し、撮影開始。

ちゃんと映ってるのか確認しようと思ったのですが、確認の仕方がわからない。
しょうがないので2本撮影して運任せ。

家に帰ってカメラの説明書を見ると確認の仕方が載っていた。
確認するとビミョー

ギルはばっちり映ってますが、ロボフィッシュは遠くに微かに映ってたり、最後のほうで左のほうからチラッと現れる程度でした。

次回はちゃんと撮れるでしょう。

で、せっかくバスも居るのでサイトで狙いますが、興味は示してくれるも喰ってはくれません。

そこで以前からやってみたかったギルのライブベイトに挑戦。

こちらも見えバスは喰って来ないので、少し沖に投げてみると「ガンッ!!」ってきました。
かなりデカそう。

喜んだのも束の間。
ギルを釣ったフックをそのまま使ってたのでフックが小さすぎたのかバレちゃいました。

そこでベイトタックルに大き目のフックで再挑戦。
全然、反応ありません。

スピニングに小さめのフックにして再挑戦。
泳ぎは全然よくなりますが、反応なし。

ライブベイトと言えども入れパクなんてあまいものではないのです。

その後は夕方までまじめにルアーで釣り続けますが、3本ばらして終了。

1本はフロッグのエビガエルに出て、ちゃんと乗ったんですが、ジャンプでバレてしまった~
サイズは40弱ってところですが、これは獲りたかった。


コメント

2013年6月15日 【釣行記:ブラックバス】 房総リザーバー — 2件のコメント

  1. ブルーギル、かわいい。
    今後も水中映像と釣果に期待しております。

    なんやかんやで釣れてますね~。
    40位・・・、マジで羨ましいっす!
    浮き輪が引っ張られちゃったりするんだろうな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です