霞ヶ浦で行われた仲間内の大会に参加してきました。

この日の天気は雨。
最高気温も1桁と2月なみ。

こんな状況でも釣りバカ達は5時にちゃんと集合します。

天気も悪いので11時にいったん集合して継続判断ということでスタートしました。

まず、近場の川絡みの水門から様子を見て行くが、まったく生命反応なし。

近くのテトラに移動します。

大会参加者が居たので状況を伺うとギルは釣れてるみたい。

とりあえず、テトラに続く護岸をスピナベで一通り流してみますが反応なし。

やっぱり穴だな。
ということで、プロセンコーのネコリグでテトラの穴を打っていきます。

何個目かの穴で違和感。
最近合わせで失敗続きなのでアタリにヒビってる?

合わせると、バシャバシャ!!
ブラックバスだー

パチッ

って、変な音。
また切れた?

ワームだけ持ってかれました。
ガーン。

でも、穴に魚は入ってるようだ。

気を取り直して何個目かの穴で再び違和感。
今度は慎重かつ力強くフッキング。

決まった!!

20130424-235224.jpg

とりあえず、1匹ゲット。

リミット3匹なのでこれだと勝てないな〜

さっきの奴、もう1回食ってこないかな?

こないですね。

反応も無くなったので、昼の集合場所に向かいます。

この時点で釣ってきた人は3人。
ここで終了だと3位以内確定です。

が、釣り好き達が集まって終了することはありません。

午後の部突入。

どこに行くか迷いましたが、とある流入河川に向かいます。

大会参加者も何人かきています。

葦際をスピナベでガンガン打っていきますが反応なし。

参加者に状況を伺うと釣った人が居るらしい。
ボートの人も釣れてるらしい。

場所選択は悪くない。

4インチグラブに変えて丁寧に際を探ってく。

すると、アタリがあってラインも引っ張られる。

よしっ!!

すっぽ抜け。

食いが浅いのか、ギルなのか。

この状況だとチビバスでも貴重なんだけど。

そしてタイムアップ。

午後は5人釣ってきて、ウェイインは8名。

そして結果は4位。
微妙〜

でも、今年初ラージもゲット出来たし、楽しかったので満足です。

悔しいけど・・・

帰りに残業もしましたが、蓮根畑に水入れたせいか、ドチャ濁りで駄目でした。


コメント

2013年4月21日 【釣行記:ブラックバス】 霞ヶ浦 — 2件のコメント

  1. 今年初ラージおめでとうございます。
    あんな真冬に逆戻りの日に、釣ったもっきんさんはもちろんですが、釣られたバスも天晴れっ!です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です