金曜深夜。荒川。

こんな時期に、こんな時間に、こんな場所に、普通の人は来ません。

でも、釣り人は普通に居ます。

久しぶりに、ケンオウさんとてるさんにお会いしました。

てるさんは来てすぐだというのに2本もあげたらしい。
さすがです。

潮は干潮前で苦手な水位。

この水位だとワームが扱いにくいんですよね~
ヒットしてもあげるの大変だし。

軽くおしゃべりをした後、釣り開始。

ワームから試しますが反応なし。

次にプロップペッパーを試すと、

ヘラ台の前を通過するあたりで「グン、グン」とあたりが。

トップなのに何の前触れもなかったのであせりましたが、フッキング。

まずまずのサイズ。35前後ぐらい。

テトラに潜られないよう気を付けながら数秒ファイトした後、

ばれた。

ようやく沈黙をやぶったバスなのに・・・

その後は反応もないので、HI-FINクリーパーとジョイクロをぶん投げてストレス発散。

それも飽きたので最終兵器、アングリースティックのネコリグ投入。

「カツ、カツ、カツ、コンッ!!」

テトラに擦れる感触が、バスのあたりに変わった。

一呼吸置いてスイープにフッキング。

5238017398_e3a7955f53.jpg

ちっちゃいですが待望の1匹をゲットです。

 


コメント

2010年11月26日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です