満潮からの下げ狙いで深夜釣行。
深夜といえど、土曜の夜なので人多いです。

川なので海の干満と時差があるのですが、予想より引き始めるのが遅く、
ちょっと早く来すぎた感じ。

しばらくはあたりがありません。

あるタイミングでギルバイトが続いてギル1匹ゲット。

でもバスはきません。

2インチや3.5インチのワームを使っていたんですが、
ここで5インチのプロセンコーのネコリグにチェンジ。

そして数投目。

ヘラ台の少し沖に投げたら巻き始める前に違和感。

あわせるとなんか乗った。

真っ暗で状況がわからないが、ヘラ台のパイプにラインが擦れているみたい。

やばそう~

頭にヘッドライトをセットして、ヘラ台に移動しようと思っていると、
魚のほうから出てきてくれました。

引きがヘラっぽかったけどバスでした。

5046082992_4960311850.jpg

38cm。まずまずのサイズ。

この後もしばらくやりますが反応なし。
たまたまあたった感じです。

 


コメント

2010年10月2日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です