暗いうちに出撃予定でしたが到着したのは4時半。
もう明るくなってます。

でも以外にも先行者はなし。

ということは釣れてない?
それともチャンス?

この日の目的は牛久用に仕入れたルアーのチェックとピッチングの練習。

新しく仕入れたルアーは、ジャンボグラブの黒とダイナゴンのダークウォーターメロン。

もちろん牛久沼の葦にぶっこむためのセレクションです。

ほとんど使っていないヘビーロッドにまずはジャンボグラブをぶら下げて練習。

いい感じです。
ノーシンカーで全然問題ない重量感。
ピッチングもばっちりです。

魚の反応はまったくありませんが・・・

ちょっと魚を釣るぞモードにチェンジして4インチグラブでじっくり探ってみる。

・・・反応なし。
ギルのあたりもまったくなし。

しばらくすると何人か釣り人も現れるが釣れてません。

それではと今度はダイナゴンでピッチング練習開始。
さすがにバックスライドは優秀です。

重さはノーシンカーでもテキサス7gぐらいの感覚で投げれるので楽ですが、
着水音を抑えるのが難しい。

本番は、スピニングで4インチグラブ、場合によっては2インチワームでチビ狙い。

ミディアムのベイトにはジャンボグラブか4インチセンコー(紫)で葦際とちょい葦中狙い。

ヘビーのベイトロッドにはダイナゴンかチューブのテキサスで葦中狙い。

って感じかな。

配分は、8:1:1でチビバス狙い(笑)

で荒川での釣果ですが、その後もまったく反応なし。

金曜夜も厳しかったらしいので、水温低下の影響が大きいのかな?
後は大潮の日は魚の付き場が変わるような気もする。
本流のほうに行ってしまうのかも?


コメント

2010年5月29日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です