6月6日のたまやペアトーナメントに向けてのプラクティス。
1年ぶりの牛久沼です。

いっしょに出場する波平さんと出船。

おやじ情報では、ガマとアシの間とのこと。

牛久沼の場合、ガマの際⇒中⇒アシの際⇒アシの中と状況により魚の場所が変わるので、
まずはどこに居るのかの見極めが重要となります。

と基本はそうなんですが、めったにあたらない状況で、あたりから判断するのは厳しそう。

とりあえずカバーの中からバスを抜きたいのと、練習ということもあり、ピッチング開始。

TKツイスターを投げてみるもよく引っ掛かる。
2本の足がアシにタコみたいにくっつくから?

バックスライドにセッティングするとすり抜けがよくなりました。

もう1本はチューブのテキサス。
こちらはすり抜け抜群。

どちらもあたりありませんけど。

今日は3本ある川の1つをじっくりやってみることに。

釣れそうなんだけど釣れません。

と、ここで波平さんが見えバス発見。
反応したが食いきれないのかのりませんでした。

そこで私がグラブで横取り。

4629680909_680e6ab381_m.jpg

実は牛久沼初フィッシュです。

波平さん、ありがとうございます。

4630282280_38fb1f37e6_m.jpg

ちっちゃいけどスタイルのいいキレイなバスです。

その後もガマの外側で2匹ゲット。
ちっちゃいけど。

4629681437_005c68079a_m.jpg

4630282824_8f68c2996e_m.jpg

ガマ、アシの中からも抜きたかったんですが、けっきょくあたりなし。

本戦でもとりあえず1本欲しいな。


コメント

2010年5月22日 【釣行記:ブラックバス】 牛久沼 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です