午後から嫁と息子もいっしょに鬼怒川へ行ってきました。

ポイントに到着したのは15時過ぎ。
ぼちぼち活性が上がってくるかな?

対岸にはけっこう釣り人が居ましたが、こちら側は誰も居ません。
釣れてないのかな~

でもこの間私が釣ったんで魚は居るはず。

嫁にタックルを渡して、私は息子のリールの糸の巻き替え。
これがなかなか大変で、部品が一個折れてしまった。

ライターでプラスチックをあぶって成型し応急処置をするもそろそろ限界かも。

ミミズを付けて投げ込む。

すぐにウキが消しこむことを期待するも反応ありません。

息子に渡して私は自分の準備。

息子は岸際を流して狙っているようです。
だいぶ釣り人らしくなってきました。

下流のほうに行って激流を流して楽しんでます。
ウキが流れていくのがおもしろいんでしょうね。

魚の反応はというと、まったくありません。

息子を呼び戻し、流れの緩やかなところでしばらく放置しておくようアドバイス。
でもそうすると退屈なのでどっかに行ってしまいます。

ふとウキを見ると沈んでる。
あわてて巻き上げようとするが、リールがおかしくなって巻けない。

次にウキを見たときにはもうウキは浮いてました。

1時間もすると嫁と息子は車に戻って行ったので、ようやく釣りに専念します。

クランク、ミノー、激流センコー流しといろいろやるも、まったく反応なし。

じっくり底を探ることにします。

センコー3インチのオフセットノーシンカーで底の変化を感じながら
投げては引いての繰り返し。

「グッ!!」

なんかあたった感じ。

あわせると一気に走り出す。

キター!!

ジャンプに突っ込みに横っぱしりと元気いっぱい。

4508704189_9e0efb8444_m.jpg

サイズは27cmでしたが楽しめました。

時間は18時前。チャンスタイム突入か?

でも連荘はしませんね~

と思っていたら、岸際に流していたウキが沖にむかって引っ手繰られるように消しこんだ!!

急いでロッドを持ち替え戦闘開始。

なかなかサイズ良さそうだ。

1mぐらいの子供用ロッドなんで引きがダイレクトに伝わってきます。

ロッドと一体化した私の腕で魚をコントロールしネットイン!!

4508704525_c6ba31e714.jpg

スモール自己新の41cmです。
ミミズですが・・・

この子供用の釣りセット、ラージでは48cmあげてます。
かなり優秀なタックルなのでリールをメンテしてもうしばらく使います。


コメント

2010年4月10日 【釣行記:ブラックバス】 鬼怒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です