本栖湖でヒメマス釣りに挑戦してみました。
ネットや釣具屋で情報収集しましたが、いまひとつ分らなかった。
見よう見まねで、ひとまずやってみた。

常連さんが出船するのを待って、ゆっくりスタート。
釣り舟屋のオジサン曰く、「タナは15mから35m。初めてなら15匹目標で頑張ってみなよ。」
ハイと素直に返事をしたが、内心では制限30匹を狙う。

サビキ仕掛けとエサ釣りの二刀流攻撃。
タナをいろいろ探ってみましたが、よく分らん。
ふと目をやると、周りではポツポツ釣れ始めている。
しか~し、ボクの竿にはアタリすらありません。

3時間寒さに耐えながら、コマセを撒きましたが、無反応。
あ~、甘くねえな~っと、思って握っていた竿にアタリらしきものが!
半信半疑でリールを巻いてみると、魚が付いてる。
ヒメマスです。

釣れたタナを覚えておいて、そこらへんに仕掛けを投入すると、また釣れる。
これで、入れ食いでしょう~と、思っているとまたアタリがなくなり、沈黙の時間が流れる。

それでも続けていると、またパタパタと釣れ始める。
その繰り返しで、なんだかんだ18匹釣れました。

目標を達成したし、どうしようもないくらい仕掛けが絡んでしまったので、12時半に終了。
大満足のヒメマス釣行となりました。


コメント

本栖湖 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です