はや3月。
今年も残すところ後10ヶ月です。

金曜日は昼間20度を突破。
でもまた寒くなるとのことなので、行くしかないでしょということで、
深夜の荒川へ。

1時に到着すると先行者数名。

まずはミノーでテトラの際を引いてみるがバスからの反応はありません。
ただ、前回と違いスレあたりはけっこうあります。

しばらくすると先行者も帰宅し貸しきり状態に。

ベントミノーにチェンジし、いろんな場所を探っていると、
「ボフッ!!」って捕食音が。

でもルアーのあるところとだいぶずれてるぞ。

ちょっとドキッとしたけど、その後は反応なし。

今度はテトラの際で、「ポシュ!!」ってルアーに反応が。

でも掛かってないぞ。

反応はこの2回だけ。

潮も満ちてきたのでプロセンコーでじっくり探ることに。

ちょーたまにあたりのようなものがあるが、鈍った感覚では魚なのか根掛かりなのか判別不能。

そして4時間が過ぎた頃、奴は来ました。

「コツ!!」「コツ!!」「コツ!!」

これは、こう。。さんが47cmを釣った時と同じあたりでは??

フッキングすると、「キター!!」

ロッドに十分な重みが。

間違いなく40アップの重量感。

ぐいぐい底に向かって行く、大物にありがちな潜水艦のような引き。

ドラグの音が心地よい。

しかし、想像以上にデカそうな奴に緊張してきた。

これを逃がしたら終わりだ。

無理をせず十分に弱らせてからランディングしようと耐えるが、
ぜんぜん弱ってこない。

私が弱ってきた。

ラインは5ポンドなのでテトラにだけは気を付けて耐えます。

ようやく魚体が浮いてきた。

デカイ!!

するとまた奴は水中へ突っ込む。

ヘラ台の上からではランディングできないのでテトラへ降りて最後の戦いへ。

水面に再び魚体が浮いてきた。

間違いなく50アップだ。

4410452034_9a3782ea5d.jpg

デカイ。
でも鯉だ。

73cmありました。

すっごい体だったので思わずウエストも測っちゃいました。

47cmありました。

重さはわかりませんが、軽く5kgは超えてるでしょう。

バスじゃなかったのは残念でしたが、でも嬉しい。

格闘で疲れたのでそのまま帰ろうかとも思いましたが、やっぱりバスが欲しい。

もうちょっとだけやっていこう。

そうこうしていると夜も明け、シマウマ親父さん登場。

なんとか1匹出ないかな~

とヘラ台の際にプロセンコーを落とし込むと、なんか違和感が。

じゃ~ん!!

4409686277_56a20a3773.jpg

ちっちゃいけど、ようやくバスが釣れました。

疲れ果てた顔にかすかな笑みが・・・

徹夜で6時間立ちっぱなし。
さすがにキツイ。


コメント

2010年3月6日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です