日曜日も荒川に出勤。

北風が強くて昨日よりさらに寒い。

風が強い時はスピナベということで、ガンガン投げるが反応なし。

小さなワームは暗闇の中、強風では操作不能なんで、スモラバにプロセンコーで
テトラ際を探ってみるが反応なし。

1時間で冷え切って帰りたくなってきた。

そこへしまうま親父さん登場。

日が昇るとどんどん人も増えてきて管理釣り場状態になってきました。

10人以上人は居るんですがなかなか釣れません。

そんな中、若者のロッドが弧を描いています。
かなりの大物。

急いでネットを車に取りに行き、テトラを降りてランディング!!

いいコイでした。

そう言えば前日は私のネットで40オーバーをキャッチ。

自分の魚すくいたいです。

どんな魚でも、自分じゃない人が釣っても、少しテンションあがります。

でも魚は反応してくれません。

テトラの穴を徹底的に打っていくと、とある狭い穴でなんか引いたような感触が。

ラインを引いてみると根掛かり?

いやっ、魚だ!!

大観衆の中?見事に魚をキャッチしました。

4218303313_9c85b67680_m.jpg

ちっちゃいですが嬉しい1匹です。

その後少しやりましたが、帰省のためにタイヤ交換したり雑用があるので9時ごろ退散。

この1匹が天然物の釣り収めになりました。

後は石川県のドリームレークで養殖物を爆釣です。


コメント

2009年12月27日 【釣行記:ブラックバス】 荒川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です