前回スモールを2匹ばらしたリベンジに小貝川へ。

6時頃に到着しましたがポイントにはまだ人は入っていない模様。

先日の釣堀で試したスモラバ+プロセンコーと石川で入手したYAMATO Jr.を
セットして土手を降りてテトラ際へ。

まずはYAMATO Jr.を投げます。

よく飛ぶ~

扱いやすい~

すごく気に入りました。
これでX-PODの出番はますますなくなりそうです。

でもそう簡単に「バシュ!!」とはきません。

スモラバ+プロセンコーでまずは1匹を狙います。

前回より水が悪いのが気になりますが、流れに乗せながら底をコロコロ転がしていると、
数投目であたりが。

少し様子を見ると重みが感じられたのでフッキング。

ラージか?スモールか?

魚がジャンプ!!
スモールだ。でもサイズは今ひとつ。

でも、ばらさずに1匹目をゲットできたので嬉しい。

同じように探っているとすぐにあたりが。

今度の奴は少しサイズアップしたようでよく引く。

テトラの下にもぐりこんでラインがすれる。
ちょっとやばそう。

おもいきってラインを緩めてテトラの上を移動し体制を整える。

なんとかテトラから引き離して無事ゲット!!

サイズは34cm

この間バラした奴と同じぐらいかな。
とりあえずリベンジ成功としておこう。

その後チビラージと30cmのスモールを追加してあたりがなくなったので、
下流側のゴロタへ移動。

YAMATO Jr.で岸際をやってみるが反応なし。

それでは対岸を狙ってみるかと大遠投して引いてくると、
「ジュボッ!」とバイト。

でも喰い損ねた。そのままワンアクションすると、

「ドッカーーーン!!!」

と出ました。

ルアーが消しこんだのを確認しておもいっきりフッキング。

でかいか?

んっ?スモールだ。

よく引くがベイトなので多少強引に寄せて抜き上げる。

33cm
出方は最高だったのでもう少しサイズ期待したけど、トップはいいね~

その後しばらくトップでやるも続きません。

またワームに戻ってゴロタを探っているとあたりがあったのでフッキング。

と同時にドラグがジリジリ。

これは40アップいったか?

目の前でジャンプ!!
めちゃくちゃ飛びます。
完全に水面から飛び出して最高到達点は水面から1mぐらいいってるんじゃないだろうか?

そして着水後の最初の突っ込みで「プチッ」と嫌な音とともに魚は消えました。

ラインは結びなおしたりしてたのにな~
歯に触れたかな~

めちゃくちゃでかくはないけど40前後はあったよな~

もう一回来いと続けるも反応はなくなりました。

下流側へ移動し、ゴロタが終わるあたりを入念に探っていると久々のあたり。

今度はラージでした。

35cmとレギュラーサイズでしたが、よく引くキレイな魚でした。

場所を移動してもう少しやるかとも思いましたが、
前日iPhoneで遊んでて2時間しか寝てないので早めに撤収。

またリベンジに来なくては。


コメント

2009年9月27日 【釣行記:ブラックバス】 小貝川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です