夏休み最終日。
嫁や息子達はなぜか石川で歯医者に通っていたので私はフリー。

フリーといっても昼から東京に帰るのでそんなに時間はありません。

というわけで朝一、邑知潟へ。

いつもの水門は水が止まってたので案の定反応なし。

他の場所をゆっくりやっている時間もないので、水門周辺のポイントを攻めながら
水門が開くのを待つことに。

まずは護岸沿いを攻めてみる。

小さなあたりはあるが多分ギル。
喰い込みません。

次に舟溜りを攻めてみる。

舟を係留している鉄柱の外側で小さなあたり。
でものりません。ギルか?

次は橋の下にある杭に向かって離れた場所からキャスト。

「コンッ!!」

きました。

一瞬杭に巻かれそうになったが、うまく離れてくれて、ジャンプと同時に岸へランディング。

サイズは忘れてしまったが、35前後。
邑知潟では控えめサイズですが、教科書通りのポイントで喰ってきたのでうれしい。

これで夏休み石川県釣行も終了。

あ~、夏が終わった。


コメント

2009年8月24日 【釣行記:ブラックバス】 邑知潟 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です