例年であれば知り合いの別荘に泊まったついでに釣りに行くのだが
今年は休みをずらしたので、タイミングがあわず単独釣行。

おかげでゆっくり釣りはできたんですが、海に潜れなかったのは残念。

目的地には5時ごろ到着。

いつも息子と姪っ子といっしょにギルを釣る水路から様子を見てみる。

橋の脇にネコリグ投入。
ギルは喰ってくるがバスはこない。

バズベイトで広範囲を攻めてみるも反応なし。

本湖と水路の合流付近まで移動し、橋の上からシェードの中へネコリグを落とし込み。

ラインが走る!!

フッキングするとたしかな重量感がロッドに伝わってきた。

シェードに潜られないよう水路に誘導する。
足場が高いので橋から下に飛び降り、護岸からハンドランディング。

ジャスト40cm
頭が小さく、体高があってかっこいいバスです。

その後、本湖側の葦際をテキサスで狙っていきます。

捕食音が聞こえたので、そこに投げ込むとバシャッ!!
っと出ましたがハズレ。

ギルのあたりはあるもののバスらしき反応はありません。

しばらくするとギルっぽいけどバスっぽい気もするあたりがあり、
フッキングするとのりました。

20cmのギル
ワールドレコードまで後6cm

葦際をあきらめ、本湖の護岸沿いを狙っていきます。

水通しのよさそうな護岸の張り出しにテキサスを投げ込むと着底前にラインが走る。

おもいっきりフッキングし、一気に巻く。
なかなかのサイズのようだ。

でもベイトタックルなんで強引に寄せてランディング。

いいバスだ~

その後は護岸を一通り流すも反応なし。
水路に戻ることに。

暑くなってきたので水路に魚は入っていると信じ、じっくりネコリグで攻める。

水生植物が生えている外側を丁寧に探っていると「コツコツ」と小さなあたり。

すぐにはフッキングせず様子を伺うと、ロッドに重量感が伝わってきたのでフッキング。

これも40アップいってそう。

慎重に寄せてランディング。

42cmのこれまた体高がすごいバス。

まだ居そう。

水路のど真ん中に投げて、ラインを出して橋の上まで歩いていき、そして巻き取り開始。

テクトロとともによく使う方法で、投げるより長い距離を狙えるし、
静かなアプローチができます。

少し巻き始めたところで先ほどと同じような小さなあたりとともにラインが走る。

フッキングするとデカそう。

でもしばらく格闘した末、バレてしまった。
残念。

数時間ほっておけばまた釣れるかもしれませんが、暑くなってきたので終了。

40アップ3本といい釣りができました。

また来年。


コメント

2009年8月20日 【釣行記:ブラックバス】 石川県野池 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です