波平さんと笹川湖に行ってきました。

早めに現地に着いてドライブインで寝ようと23時過ぎ出発。

金曜の夜だからか首都高のアクアライン方面が大渋滞で動かない。
しかたないのでアクアラインをやめて京葉道方面へ。

すると電光掲示板に「アクアライン通行止め」と出ていた。
あぶないあぶない。
後数10メートル走っていたら京葉道方面の分岐を過ぎるところだった。

けっきょく3時間ほどかかって2時ごろ到着。
君津のマクドのドライブスルーで15分以上は待たされたのも響いている。

5時前に起きてすぐ近くの笹川ボートへ。

5時に波平さんも到着し、いざ出陣。
今回も波平さんのフットコンのエレキと魚探を装着。

まずは近場から流していく。
操船はおまかせ。

魚探の水深は20m。

20m?

以前来た時は魚探なんて便利なものは持ってなかったので、
岸際は浅いものだと思っていたが、めちゃくちゃ深いじゃないですか。

深場の釣りは2人とも不慣れなんで、立ち木やオーバーハングのあるところを攻めて行きます。

立ち木エリアで待望のバイト。
ルアーはプロセンコーのネコリグ。
フォール中にあたりました。

フッキングも決まり、一気に寄せるとジャンプでさようなら~
30cmぐらいですかね~

オーバーハング下では、波平さんのアイバムシにけっこうバイトがある。
見てると楽しいが、サイズが小さいのかなかなかのらない模様。

そろそろ1匹欲しいので、ニードル2.5インチの「まるでエサ」にルアーチェンジ。

操船を交代したので、フラフラと走りながら探っていく。

すると魚探になにやら障害物が写るあたりで「コツッ」と小さなバイトが。
少し間を置いてからあわせると魚の引きが伝わってきた。

あがってきたのはバスでした。
でっかく写るように取ってもらいましたが、私の手を小さくしないとサイズばれますね。

その後はずーと釣れない時間に突入。

波平さんはカバーや葦を正確に打ってバスをゲットしています。
ピッチングのコツを教えてもらったんですが、ちょっと開眼したかも。

昼も過ぎボート屋に戻る途中で子バスが溜まっている道の跡を狙う。

まずはアイバムシJr.を岸からすぐの水深10cmぐらいのところへキャスト。

すぐにバイトがあるもルアーからちょっとずれてる。

それでスイッチが入ったのか今度はルアーが消しこんだ。

元気のいい子バスだ。

走って、ジャンプして、走って、プツッ!!

って切れた?と思ったら針だけ残って返ってきました。

小バスはいっぱいいるのでニードルでサイトフィッシング。

ギルが突付いても、引っ張っても、針が掛からないようにし、
バスが喰ったらフッキング!!

これで3本追加。

これはこれで楽しいですが・・・
もう少しでかいのが欲しい。

最後は時間までボート屋近くを狙います。

波平さんがここで連発。
匹数で並ばれます。
サイズでは余裕で負けてます。

ダムサイト近くの浮き物の下に期待を込めてニードルをフリーフォール。
水深は25m。

どれぐらいの水深できたかは定かではありませんが、どうやら魚がかかった模様。

デカイと言ってしまったが、すぐにそんなに大きくないと訂正。
小さいのばっかり釣ってるとデカク感じてしまいます。

でもようやく30アップゲット。31cm。

そして最後は波平さんがカバーの奥からバスを引き抜き終了。

40アップいったかと思いましたが、少し足りず。
いいバスでした。

やっぱりボートは楽しい。
操船と魚探をマスターすればもっと楽しそう。


コメント

2009年8月8日 【釣行記:ブラックバス】 笹川湖 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です