毎年恒例の夏休み石川県釣行

第一弾は邑知潟。

東京を24時前に出発し、石川に着いたのが5時前。
夜明けが遅くなってきたのでちょうどいい時間帯。

ベイトにスピンドルワーム、スピニングにフリックシェイクのノーシンカーを
セッティングし、「なんとか1匹釣るぞ!!」モード。

舟溜まりを流していくが反応はなし。

水門まで来たのでフリックシェイクで探りを入れる。

水門内の壁際を探っていると鈍いあたりが!!

魚の重みを確認するようにスイープにあわせると
愛竿、カマー456sにかなりの重量感が伝わってきた。

これはデカイと臨戦態勢に入り、ドラグを調整する。

魚は水門から出て下流側に走る。
ラインは太め、ドラグもばっちり効いているのでライン切れはないだろう。
あとはハリが外れないかどうか。

私も魚にあわせて下流側で移動していく。

ようやく弱ってきて浮いてきた頭はデカかった。

がっちりと顎をつかんで無事ランディング!!

50アップいったかも?

手に持ってざっとサイズを測ると52cmあったが、
口閉じ、尾開きできっちり測ると49.5cm

50の壁は厚いです。
なかなか釣れないのがいいような気もしてますが・・・

その後、他のポイントも回りますがダメ。

2匹目のドジョウ狙いで釣れたのはギル。

邑知潟を後にして、河北潟からつながる池に移動。
ここでは毎年雷魚は釣れているんですが、バスがなかなか釣れません。

今年も雷魚でした。
葦際、スピナベにゴン!!

出だし好調!!


コメント

2008年8月9日 【釣行記:ブラックバス】 邑知潟、河北潟 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です