前回はキャスティング&散歩でしたが、今回は釣る気満々!!

場所は新利根川にしようと思っていたので、事前に少し下調べをしてました。
目を付けたのは破竹川。

午後には家に帰る必要があるため、今回も夜中出発です。
まずは何度か行ったことのある堰に向かいます。

2時前に到着しましたが、まだ誰も居ません。
ん~、あまり釣れてないのかな?

普通、夜中に人が居ないのがあたり前でしょうが・・・

好みのデビルホースとういダブルスイッシャーを結び、めぼしいポイントを引いてくる。
トップウォーターは突然魚が飛びついて来るので緊張感いっぱい。

しかし、シャラシャラという心地よい音だけで、反応がない。

駄目そうなので目的の破竹川合流付近まで移動。
到着することには空が少し明るくなってきた。

合流付近から徐々に破竹川へ侵入開始。

岸際を引いて、鉄パイプに差し掛かったところで、
「バシャッン」
ついに出た。

やっぱりトップはおもしろい。

さらに魚は横っ飛び。
サイズは小さそうだが元気いい。

が、バレてしまった。
口にちゃんとルアーが入ってなかったのかな?

その後、すぐに「バシャ!!」
とルアーの少し後ろにバイト。
運動神経悪いんじゃない?

それから、ルアーをバズベイトに変えてデカバスに期待するも反応無し。
それではとスピナベにチェンジ。

土手の上から葦の切れ目を打っていく。

数個目の切れ目での2投目。
岸近くにある石のようなところから奴は現れ、そして襲いかかった。

すかさずフッキングし、岸に引っこ抜く。
「やったー!!」

38cm

40には足らなかったですが、久々のラージマウスで嬉しいです。

その後、1回足元で喰ってきたけど子バスのようでフッキングしなかった。

ポイントを変えようと新利根の横の道を上流に向かって走る。
いたるところにバス釣りの人がいる。

けっきょく最上流付近まで行って小野川に向かうことに。

スピナベでここぞというポイントだけやってみるが全然反応がない。
眠くてルアーを変える気もおこらない。

車で3時間ほど熟睡して、再び少しやってみるが、
やっぱり反応がないので終了。

とりあえず1匹ゲットしたので満足。

次回は近場の荒川かな?


コメント

2008年6月28日 【釣行記:ブラックバス】 新利根川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です