本日は午後から。時間も限られるので小貝川に照準を絞ることに。

家から外に出ると今にも雨が降りそうな気配。
ラジオから天気予報が流れてくると夕方から雨とのこと。

でも既に高速に乗っているので、そのまま目的地へ。

インターを降りたところにある上州屋に立ち寄る。

上州屋はメガバスが豊富。
私はあんまり使わないんですが、昨日ニゴイを釣ったVision110の
ハイフローティングモデルが出ていた。

おかっぱりだとフローティングのほうが根掛かりを回避しやすく、
扱いやすいので買っちゃいました。

今日の目的はポイント探索。
とりあえずは上流から。

黒子橋まで行って、そこから土手道を下流に下ることに。
すれ違いようのスペースや、川のほうへ降りる道が所々あるので
チェックしていく。

最初に発見したのはテトラ帯。
いい感じなんだが少し浅い。

一応、さっき購入したミノーを投げるが、やはり浅いのですぐにやめ。
夏場はいいかも。

次に発見したポイントは、少し深場で岩やゴミが沈んでいて、
横には立ち木があるようなところ。

降りれるところはかなり限られるが、魚が着きそうなポイントです。
でも無反応でした。

次に発見したのは飛行場?
看板に飛行場と書いた大きな広っぱがありました。

川のほうまで見に行きましたが、ちょっと降りるのが難しそうなので断念。

さらに南下すると水門発見。

水路沿いを川まで行くと、瀬があって上流側がゴロタ、下流側が泥底になっていた。

まずは上流側をミノーとワームで探る。
いかにも釣れそうなんですが、釣れない。

次に下流側を同じように攻めるが反応無し。

雨がパラついてきたが小降りなので続行。

さらに少し下ると岸から50cmぐらいのところで少し深くなっている
ブレイクラインを発見。

ミノーを上流側に投げ、数等目。
ガンッ、とあたりが。

ばらさないよう素早く寄せてランディング。

あがってきたのはスモールマウス。
サイズは33cm。

いったん車に戻り、さらに南下して橋の付近を降りていく。
橋の下流側は以前来たことがあるが、上流側は初めて。

同じ側と対岸に1人ずつ釣り人がいました。
どちらかというと対岸のほうがよさそうな感じ。

こちら側は泥底でこれといって目に見える障害物はない。
水深はあるので、見えない障害物を発見できればよさそうなポイント。

少しやってみるが、雨だし寒いし、多分釣れない気がするので終了。

次回はこの橋から下を探索します。


コメント

2008年3月30日 【釣行記:ブラックバス】 小貝川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です