約1年ぶりのクリーククラブ。

よく石川県から帰ってくるときに寄るのですが、
今回の帰省では行けそうにないので先に行ってきました。

7時オープンなんですが、着いたのは8時頃。
クリスマスイブだからか、寒いからか、人は少なそう。

よく釣れるポイントは陣取られている。

対岸は空いていたので、まずはそこでメタルバイブから開始。

リフトして、フォールしてを繰り返していると
雑巾がかかったような冬バスのあたり。

多分、喰ったはいいが、寒くて体が動かないんだろうな~

大きくフッキングするとゆっくりと動き出す。

岸際まで来た頃にようやくバスも体があたたまり、抵抗しだすといった感じ。

その後、すぐにもう1匹追加。

なかなかいい感じ。
と思ったのも束の間で、あたりがなくなる。

そこで次は流行のスモラバ。

投げて放っておく。ちょっとまいて放っておく。を繰り返していると
雑巾アタック!!

スピニングだと引きを楽しめます。

スモラバでもう1匹追加。

飽きてきたので今度は冬の定番サスペンドシャッド。

ロッドを横に倒して、引いて、巻いて、引いて、巻いてを繰り返していると
岸際でゴン!!

この後、さっぱりあたりがなくなる。

ようやくあたりが出だしたのは2時頃。

ポツポツ釣れてなんとか目標の10匹達成。

やっぱり夏のバスが元気でいいな~
マッチョな北浦バス釣りたい。

P.S. 特定外来生物被害防止法のため管理釣り場はバスを入荷するのが大変そう。
天然物は入れられないし、養殖業者でまだ許可のおりてないところも多そう。


コメント

2007年12月24日 【釣行記:ブラックバス】 クリーククラブ — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です