朝だけ某川に行ってきました。

最近は北浦と石川県の釣り場に行ってたので、某川は久しぶり。

もう9月も半ばだというのに真夏のような暑さ。
7時前に到着したのですが、すでに暑い。

最初に行ったポイントはめずらしく車が2台も停まっていたのでパスして上流へ。
しかし、ここにも車が停まっている。

やっぱり3連休は人が多いのかなと思いながらも車を停めると、
釣っていたのはフナ釣りの人でポイントは空いていた。

スピナベをつけてひととおり流すが、ギルっぽいあたりだけ。
そして根掛かりしてロスト。(買ったばかりなのに~)

そうこうしていると2人の釣り人が歩いて来た。

さっきの車はこの人たちのかもと思い最初のポイントに行って
車を停めて川を見てみると誰もいない。

やっぱりさっきの釣り人が車を停めていたのだ。

攻められた後かもしれないが、とりあえずスピニングにスピナベ、
ベイトにロッククローのテキサスをつけて釣り開始。

スピナベで土手際の草の横を引いてきて、足元の流れにそって向きを変えた瞬間、
バスが飛び出して来た。

ちょっとあせったがフッキングするとまずまずの引き。

あがってきたのは30cm弱の元気な奴。この場所ではまあまあのサイズ。

その後、ゴロタ石が沈んでいると思われるところで20cm強の子バスちゃんを追加。
小さくてもスピナベに来るゴンというあたりはなかなかいい感じ。

ここでサイズアップを狙ってテキサスにチェンジ。
後輩と釣りに行ってからテキサス練習中。

同じくゴロタ石のところを引いているとなんか重い。
しかも横に動いている。
あれっ、魚かな?

で、おもいっきりフッキング。

デカイ!!

草むらに逃げ込むのをかわして、慎重にハンドランディング。

私にとってはデカいです。
36cm

あたりもなくなったので対岸に渡って上流へ。

枯れ木が沈んでいるところをスピナベでチェック。

細い枝に引っ掛かったのが外れた瞬間、下からドン!!
と、とっても小さなバスが喰いついて来ました。

小さいけどこういう出方は嬉しい。

時間も無いのでこれで終了。
まずまずの釣果です。

テキサスはもうちょっと修行しないとな~


コメント

2007年9月16日 【釣行記:ブラックバス】 某川 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です