釣り部の後輩と石川県にある邑智潟と野池に行ってきました。

邑智潟はけっこうメジャーなスポットで過去何回か行ったこともあるのですが、釣れたことがありません。

でも情報ではいつもよく釣れていると聞くので、ポイントと釣り方がやはり重要なんだろう。

というわけで地元バサーの後輩君に期待。

まず案内してもらったのは小さな漁港みたいなところ。

私はスピナーベイトで、後輩君はホッグ系ワームのテキサスで攻めて行く。

しばらくすると彼が対岸で魚とファイトしている。けっこうでかそう。遠めに見ても40cmは確実にある。

後で聞いたら46cmとのこと。やっぱり邑智潟は釣れるんだ~

で私のほうは・・・

その後、いくつかめぼしいポイントをまわるが、どこも人が入っていて駄目でした。

いいポイントに人がいないときに入って、その時の状況にあった釣りをすると釣れるんですね。難しいですが・・・

邑智潟から別の野池に移動。

さっそく彼が釣っている。40cmぐらい。また釣っている。45cm。

簡単に釣っているようだが、彼の釣行記を見るとなかなか簡単には釣れない状況だったようです。

私のほうも何とか40cmぐらいのをスピナーベイトでヒットさせる。

なかなかいい引き。

十分引きを楽しんだ後、これぐらいなら引き抜けるなと引き抜くと、ルアーだけ抜けてきました。あー残念。

さらに2つ池をまわりましたが、私は× 彼は3匹

いや~、すごいです。彼の知り合いにはさらにすごい人がいるそうだ。

結局、私はボウズでしたが、非常に参考になる釣行でした。


コメント

2007年8月17日 【釣行記:ブラックバス】 邑知潟と野池 — コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です